Vol.94:麺処よ市


 空前のラーメンブームで盛り上がる奈良ラーメンシーンに、また新たな注目店が加わることになった。店主から半年以上前に構想を聞いていたが、いよいよオープンが決まったということで独占取材させて頂いた。

 屋号は"麺処よ市"。屋号を聞いてピーン!と来た方も多いだろう。奈良のラーメン人気を牽引する大行列店"麺処と市"が仕掛ける新ブランド店だ。所謂、二毛作営業で、昼は"麺処と市"として営業し、夜は"麺処よ市"での営業となる。もちろん屋号だけでなく、メニューも全く違うものを提供することになる。"麺処と市"生駒店主と、"麺処よ市"笹田店長にKRK直撃インタビュー!


<麺処夜市 営業情報>

オープン日:2018年8月9日

営業時間:18:00~20:00

定休日:土曜、日曜、祝日

twitter:https://twitter.com/yoichinoodle



"麺処と市"生駒店主インタビュー

- まず生駒店主(麺処と市 店主)に聞きたいんですが、新ブランド店をするきっかけは?

●生駒店主(以下、「生駒」と略)

「2012年に"と市"をオープンした時から白湯と清湯の二本でしたかったんですけど、一人で全部仕込みするとなると時間的にどうしてもできなかったんです。ずっとやりたいなと思いながら今まできたんですけど、今回、タイミングよく笹田さんが従業員という形で来てくれました。それで夜営業をやろうかという話になり、どうせやるなら僕の色が無く、全く屋号も変えて、商品を変えてやった方がお客様にも楽しんでもらえるかなと思いました。僕自身も清湯をやりたいという気持ちがあったし、笹田さんの勉強にもなる。いろんな思惑が全部一致したので、今回実現しました。」

- 商品作りはかなり時間をかけたようですね。

●生駒「清湯をするにあたって、いろんなお店に食べに行ったりもしましたね。僕はある程度、これくらいのレベルで出さないと駄目、ここ美味しいからこれに近づけたい、とかを最初に出すタイプですので。」

 

- どんなラーメンを提供するんですか?

●生駒「スープは豚と鶏を使っていて、豚の方が割合は多いです。どうせやるならちょっと違うのがやりたいなと思ったので、豚をけっこう多めに入れることにしました。鶏は奈良のが入らなかったので、"紀州うめどり"や"うまかハーブ鳥"を使っています。麺も昼とは違って全粒粉を使って、小麦の風味をより強くしていて、ちょっともっちり感も出した細麺にしています。」

 

- 醤油は?

●生駒「店のコンセプトとして、できるだけ地元の食材、地元のモノを使って作りたいというのがあるので、奈良県の醤油をいろいろ試したんですけど、使い慣れた片上さんがやっぱり一番しっくりくる。やっぱり旨みが強いですね。クセはあるんですけど、それもいい方に転んでくれたら1つのアクセントになるかなって思っています。」

 

- 塩について?

●生駒「僕の塩ラーメンのイメージはどうしても弱い。お湯に塩を入れたイメージがあったので、それをできるだけ無くしたいな、旨味を強くしたいなと考えていました。塩は三種類、高知県の塩、沖縄の塩、モンゴルの塩を使っています。分量が難しいんですけど、混ぜることによって複雑さが出るので巧い具合に行きそうです。」


【KRK動画】ラーメン試食


- 奈良県南部で塩ラーメンはあまり無いが?

●生駒「清湯自体がチャレンジですからね。やってないからこそ、やりたいという気持ちがあります。ある程度出来上がった市場より、出来上がっていない市場に参入した方が長続きすると思っています。先駆者の方がブランドが強くなりますから。」

  

- 生駒店主からの笹田店長の印象は?

●生駒「商品に対して良いものを出したいという気持ちが強く感じてきます。僕は何をするにしても良いものを出したい、良いもの作りたいと思うことが大事だと思っていますので、笹田さんはそこは凄く強いものを持っているので、だから全然心配していません。そういう方だからこそ、新ブランド店を安心して任せれます。尊敬もしているし、頼もしく感じています。」



"麺処よ市"笹田店長インタビュー

- 笹田店長に聞きたいんですが、と市さんに入った理由は?

●笹田「大阪のお店で修行をさせてもらっていたんですが、タイミング的に卒業するという時に奈良に引越ししてきました。実は以前に大阪のお店に入る前に、と市さんで働きたいと思っていた時があったんですが、その時は募集をしていなかったんです。今回、タイミングよく募集をしていたので、電話してみました。それでお世話になることになりました。と市さんで働き始めて、今で10ヶ月ほどですね。」

 

- 新ブランド店を任されることになって、どんな気持ちですか?

●笹田「まず新店を任せてもらえることに対して、それだけ信頼してもらえてることに嬉しさがあります。もちろん不安面もいっぱいあるんですけど、僕だけの店でないので、生駒さんに指導していただきながら、二人三脚で一緒に頑張っていけたらなと思っています。」


【KRK動画】屋号の由来など


 <店舗情報>

■麺処よ市

住所:奈良県橿原市十市町1213

オープン日:2018年8月9日(木)

twitter:https://twitter.com/yoichinoodle

 

 (取材・文・写真 KRK 平成30年7月12日)