Vol.27:麺場 力皇

その男は今、奈良にいる。岩のようなゴツイ体でラーメンを作り続けている男が力皇猛だ。元大相撲力士で最高位は西前頭4枚目。その後、プロレスにスカウトされ全日本プロレス~プロレスリング・ノアでトップレスラーとして活躍。私の中ではあの伝説のノア vs ゼロワン対抗戦で小川直也を迎え撃った試合がとにかく強烈に記憶に残っている。怪我のため2012年に引退し、次の闘いの場として選んだのが「ラーメン」。奈良県天理市で毎日、一日中ラーメンを作り続けている。トップレスラー力皇猛のラーメン屋への転身に驚いた方も多いだろう。いろいろ聞きたいことも多いので、定休日に話す時間を作って頂いた。「麺場 力皇」力皇店主にKRK直撃インタビュー! 


- 出身は?

 「奈良県桜井市です。」

 

- ラーメン?

「ラーメンは力士時代から好きでした。巡業で全国廻っていましたので、ラーメンはけっこうな杯数を食べてると思います。 ラーメンに関しては大相撲を引退した時、今から20年ほど前ですね。その時、『ラーメン屋をしよう』って思ってたんですよ。自分なりに資料を集めてラーメン屋開業の準備をしていたんですが、その時にプロレスの話を頂きました。『プロレスは今しか、若い時しかできないな』って思い、『ラーメン屋はプロレスを辞めてからでもできるかな?』ってことでプロレスをすることを決意しました。」



- 現在、プロレス界との関係は?

「 引退後、プロレスリング・ノアのGHCタイトル管理委員をさせてもらっています。本当はタイトルマッチがある時には会場に行って、試合後にベルトを渡したりしないといけないんですが、店が忙しくてなかなか行けないんですよね。」

- ラーメン屋するきっかけ?

「昔からというか、15年ほどの付き合いがある友達がいるんですが、その友達が新潟でラーメン屋さんをしてるってのがきっかけです。新潟県にある潤(公式HP)って店です。プロレスに入ってから潤ちゃんと知り合って、ビジネス関係なく、当時はまだ潤も一軒のみで営業してて。何回か食べに行ったり、本当に普通の友達の関係でした。店舗を拡げてるってのも全く知らなかったですし。それでプロレスを引退後、『ラーメン屋をしないか?』って声をかけてもらって、『どんなものなのかな?』って一回見に行かせてもらいました。それで『面白そうだな』って思い、やってみようと決心しました。」

- 料理経験は?

「相撲時代の新弟子時にちゃんこ番ってのをして、プロレスでも同じようにちゃんこ番をしてたくらいですね。」

- 自分の店?

「潤ちゃんの店へ修行に行く時に、最初から『どうせやるなら、いつか自分の店をしたい』って潤ちゃんにも伝えていました。」

 

- 修行はどうでしたか?

「いや~大変でしたね。20年ほど前に『ラーメン屋をする』って準備してた時から『ラーメン屋は大変だな』ってイメージは既に持っていましたが、実際にしてみると、本当に大変でした。長時間労働、朝から晩まで、仕込みがあって、営業があって。約1年ほど新潟で修行させて頂きました。」


麺場 力皇(2013年12月5日オープン)


- なぜ奈良で店を?

「やっぱり自分が店に出ないとって思ってたので、地元の奈良にしました。プロレスの現役時代から奈良に住んでいて、奈良から巡業に通ってたんです。毎日のことなんで、近場で探してたら、この場所が見つかったんです。」

 

- 力皇さんのラーメン?

「潤ちゃんに相談していろいろ考えました。修行先とは全然違う味になっています。自分が食べて自分が美味しいって思う味を出すってだけでしたね。」

 

- 屋号「麺場 力皇」は?

「相撲の場合、春場所とかありますよね。場所の「場」とラーメンの「麺」をミックスさせてる感じにしました。」



- 自分の店のオープンまで? 

「自分の中では約1年間、新潟でしっかり修行してきたとはいえ、『果たしてお客さんに受け入れてもらえるのか?』が心配で、どんなに試作をしても不安でいっぱいでしたね。」

 

- お客さんの反応は?

「どうなんでしょうね~?たまにネットの口コミとか見たりするんですが、あまり分からないですね。」

 - 新潟からの麺を使用?

「潤の自家製麺麺が僕は好きなんで使いたかったんです。ウチのスープに合わせて特別に作ってもらっています。」

 

- 名物「つくね」?

「僕が力士時代に、ちゃんこの具材で一番好きだったので、ウチの売りの1つとしています。」

 

- 東京ラーメンショー?

「 独立して1年目の頃ですね。修行先の潤ちゃんから『出ないか?』って言われて。いろんな店主さんが来てるので、いろんな話を聞けるのですべてが為になるっていうか、楽しいですよね。他のイベントの話になりますが、無鉄砲の赤迫さんには他所のラーメンイベントで話させて頂く機会がありまして、それから気にかけて頂いています。」

 

- 今後、イベントは?

 「話はいろいろ頂くんですが、自分の店が人員不足なので今は全てお断りさせて頂いています。」

- 今後の展開は?

 「店舗展開はいつかはしたいって思ってますが、まずは今の店の土台をしっかりしてお店を任せれる人を育てないとダメって思ってます。社員募集はずっとしているんですが、なかなか集まらないですね。」

 

- 力皇店主の拘り?

 「ラーメンに関しては、たくさんの店の中からウチを選んできてくださるお客さんに対して、感謝の思いを込めて、思いだけはどこにも負けない気持ちで作っているつもりです。これからもその気持ちを大事にしていこうと思っています。」



<店舗情報>

麺場 力皇

奈良県天理市別所町81-8

公式Facebook

 

(取材・文・写真 KRK 平成28年4月)