Vol.67:麺屋そにどり

近年、関西や東海の名店の流れを汲むラーメン店のオープンラッシュによって東海屈指のラーメン激戦区となりつつある三重県四日市市。そこに2017年11月20日、新たな新店がオープンした。店主はせたが屋(東京)、そして麺屋えぐち(大阪)で修行をした方。両店で合わせて10年間ほどいたそうだ。2年ほどの修行で独立する人が多い中、これだけ長く、しかも2つの店でしっかり修行をしてきたのだから『ラーメンへの気持ちがアツい方なんだろう』と勝手に想像してしまう。店主とは会ったことさえないので、インタビューの日が初顔合わせになる。四日市を選んだ理由、2つの店で修行をした理由、いろいろ聞いてみたいことがあるので楽しみだ。「麺屋そにどり」北原店主にKRK直撃インタビュー! 


- 出身は?

「三重県名張市です。」

 

- ラーメン屋をしたいって思い始めたのは?

「小さい頃にテレビチャンピオンとか観てました。ラーメン選手権ですかね?その番組で一風堂の河原さんの3連覇とか観て『あ~、ラーメン屋ってかっこいいな~!』って思っていたんです。でもすぐにラーメン屋さんをできるわけでなく、普通に高校に行って、大学ですね。そして就職活動ってなった時に、自分の興味があることを仕事にしたいって思いますよね。僕の興味あったのはラーメン屋、おもちゃ関係、眼鏡の3つだったので、そういう会社を受けていました。それで企業だったので一風堂も受けたんですが、最終面接で落ちてしまったんです。他の会社を落ちた時はそんなに悔しいって気持ちにならなかったんですが、一風堂を落ちた時は悔しくて『あ~、ラーメンやりたいのにな』って思いました。」

 

- 一旦、あきらめたんですか?

「親が九州出身なので親戚が福岡にいるんです。それで親戚の知り合いのラーメン屋を紹介してもらって、大学4年の夏休みに1ヶ月間だけ働かせてもらうことにしました。ラーメンがやってみたかったんです。」

 

- 飲食で働くのは初めてだったんですよね?

「もうボロボロでしたね。そこの大将が職人肌の人で、一回聞いてもう一回分からなくて質問したら、『お前、さっきも言ったよな。何しにココに来てるんだ?』って。『こんなにも厳しいのか』って驚きましたね。親戚の紹介なので、けっこう軽い気持ちで行ってたんですよ。『ラーメン屋で働くってどんなのかな?優しく教えてくれるのかな?』って。でも本当にガチで厳しくて。それを1ヶ月間やって、ずっと怒られて。もう自分の中では『俺はセンス無いのかな?もうラーメンはやめとこうか』って落ち込んでいました。でも最後に大将が『お前は一生懸命やってる。センスは無いし、どんくさかったけど、いつも一生懸命だった。その姿勢を3年間頑張ってやれば、店長とか店を持てるほどになれる。もしこの仕事をやりたかったら、その姿勢を忘れるな!』って言ってくれました。本当に心が折れかかってたので、大将のその言葉が無かったら、僕はラーメン屋をしてなかったと思います。それでその言葉がずっと引っかかってて、1つ受かってた企業の内定式に行った時に『何か違うな。やっぱりラーメンがしたいな~』って改めて思いました。それで東京へ行くことを決断しました。」


- なぜ東京に?

「なんかね、東京に一番美味しいラーメン屋さんがあるってイメージだったからです。昔、ラーメン関連の情報が載ってる『とらさん』ってがあって、そこの求人を見てたら長野県の某店が東京進出で募集をしていたんです。ちょうどいいタイミングだったので、その店でお世話になることにしました。でもその店がある事情で1ヶ月くらいで撤退するってなってしまったんです。その時は『どうしよう』って本当に困りましたね。」

- 他の店を探さないといけなかったんですね。

「その時点で東京のラーメン店をいろいろ食べ歩いていたんです。多くの店で食べてた中で『一番美味しいな』て思ってたのが‘’せたが屋‘’でした。会社も大きいし、海外進出もするところで凄く勢いがありました。『これほど有名になるには何か理由があるはずだ』って思い、せたが屋で働かせてもらうことにしました。」

 

- せたが屋での仕事はどうでしたか?

「入った頃にすぐに催事を手伝わせてもらったり、やりたい人はどんどんやっていけって感じだったので働きがいがありました。ラーメン作りもしっかり教えてもらって、『どんどんやりな。何でもまかせる』って凄くオープンな環境でした。だから人も育つし、人も増えるって感じでしたね。」

 

- せたが屋を離れるきっかけは?

「8年間ほどお世話になった頃に、『他の店も見たいな』って思いました。せたが屋があまりにも居心地が良過ぎたのもあります。甘えてしまう自分がいたんです。それなりに役職を頂きましたし、安定もしていましたが『これではいかんな』って。いつか自分の店をって気持ちは常に持っていたので、せたが屋ではやれてても本当の僕の実力はどうなんだろうって思いました。他でやってちゃんと認められたら独立しようって思いました。」

- 次の修行先として大阪の店を選んだのは?

「三重県の実家へ帰ったりすると大阪にも寄ったりしてたんですよ。それで大阪のラーメン屋さんもいろいろ食べてたんです。その中でも‘’えぐち‘’だけ何回も行ってたんです。『あ~美味い』って。いつも店が綺麗だったし、接客も丁寧で店主さんも寡黙でやってて。いつ行っても『いいな~』って思ってたので、次の修行先としてお世話になることに決めました。」

 

- 麺屋えぐちでは?

「当時、せたが屋はまだ自家製麺で無かったので、麺の勉強をしたいと思っていました。えぐちさんと話した時に『2店舗目を考えてて、そこを自家製麺でやりたい』って。それで『僕も勉強したいんです』ってなって、『じゃあ、その時に呼ぶわ』って言って頂きました。しばらく待ってから呼んで頂いて、それから本店で1年間、2号店で1年間ほどお世話になりました。2号店の立ち上げ、途中から試行錯誤するところも見れて本当に多くのことを学ばせてもらいました。」

 

- その頃には独立への自信が?

「自信つくかなって思ったけど、結局、あまり自信がつかなくて、性格の問題かなって思いましたね。経験を積み重ねて自信が増えても、同時に不安も増えるって分かりました。だから、やるしかないって思いました。」


麺屋そにどり(2017年11月20日オープン)


- 独立するきっかけは?

「麺屋えぐちに入る時に、『2年後に独立したい』と伝えていました。それに合わせて、準備もいろいろしていました。」

 

- 場所は悩みましたか?

「地元でやりたいなってのは常にありましたね。大阪でって気持ちもありましたが、僕が全く新しいラーメンを出すならいいけど、僕がやりたいって思ってたラーメンは系統でいえば大阪には幾つかの店がやってる。それなら無い所に持っていこうかなって思いました。それで三重県です。地元の名張市だとまた甘えてしまうかもって思ったので、縁もゆかりも無い四日市市を選びました。ゼロからどこまで積み上げていけるかなって。」

 

- 四日市のラーメン事情も調べたんですか?

「場所をいろいろ探している頃に、鉢ノ葦葉さんで食べさせてもらいました。『メッチャ美味いな!』って思ったし、お客さんが凄い並んでいました。他にも美味しいらーめん屋がたくさんあり、並んでいるのをみて四日市でやってみたいと思いました。」

- 屋号の由来は?

「僕が個人的に鳥と魚が好きなんです。それでトビウオかカワセミって考えてて。飛魚だとアゴ出汁使わなあかんしな~って思ったり(笑)。不如帰(東京)、すずめ(広島)など小鳥系の屋号って多かったので、鳥系にしようって思って、それでカワセミがいいなって思いました。でも調べてみたら、奈良県で有名なお蕎麦屋さんが出てきたので『あかん、屋号が被ってしまう』って。更に調べてみたら、昔の言葉でカワセミは『そにどり』って知って、『あ~、これにしよう』って決めました。それにカワセミの色も好きなんですよ。翡翠色ってちょっとエメラルドグリーンみたいな。せたが屋のイメージカラーが深緑だったんです。僕はまだまだ深い緑は出せないので、せたが屋のようにどんどん深くなっていけたらいいかなって。」



- そにどりさんのラーメンについて、少し紹介してもらえますか?

「地元の食材を使って、魚介出汁をメインに作っています。食べやすく、飽きがこないようにって。分かりづらいと思いますが、お父さんが麺屋えぐち、お母さんがせたが屋って感じです(笑)。」

 

- 北原店主が大事にしてることは?

「愛情です。愛情っていう最高の調味料を一杯一杯に入れています。よろしくお願いします。」



<店舗情報>

■麺屋そにどり

住所:三重県四日市市堀木2-10-20

https://twitter.com/sonidori14

2017年7月20日オープン。

 

(取材・文・写真 KRK  平成29年11月)