Vol.82:ラーメン たかや


 海・山・川に囲まれた豊かな自然の町"新宮市"は、日本書紀にもその地名が登場している歴史ある町だ。世界遺産ブームで盛り上がる新宮市に気になるラーメン屋があったので、今回、初めて新宮市まで足を運んでみた。店主のtwitterでは「梅光軒、白樺山荘、世田谷本店、花京で働いていた!」と書いてるし、提供してるラーメンもビジュアルが凄くいい!面白い話が聞けそうなので取材を申し込んでみたら、OKして頂いた。初めての土地で、初めて行く店・そして店主とも初対面。こういう状況にいつもワクワクする。"ラーメンたかや"藤原店主にKRK直撃インタビュー!


- 出身は?

「和歌山の太地町っていうクジラの町です。」

- ラーメン屋をしようと思ったきっかけは?

「25歳頃から東京で役者をしていたんです。四谷の"居酒屋あぶさん(公式HP)"って野球の有名な店で遅番を14年半くらいしていました。それで40歳になった頃、役者だけで食べていけないって思ったんです。その時に『ラーメン屋をやろう』って思って、そこから勉強し始めました。」

 

- どこかで修行を?

「その頃、東京の新宿アルタ前のルミネで札幌の"ラーメン共和国"プロデュースのイベントが期間限定でしていたんです。そこに入っていた梅光軒さんでお世話になりました。それが最初でした。その時は11人くらい入ったのに、すぐに10人辞めてしまって僕だけ残ってしまって(笑)。人出が足りなかったので、ちょうどその時期に(独立開業に向けて)自分の店の物件を探すために東京にいた井上君(現:おだしと小麦 一三〇 店主)に、梅光軒からお願いしてしばらく手伝ってもらいました。」

 

- 京都の"おだしと小麦 一三〇"井上店主ですか(驚)?

「そうです。井上君は以前に札幌のラーメン共和国の他店で店長をしていて、梅光軒の人達とも仲良かったんです。同時期に大阪の"花京"坂本店主から"人手が足りないから手伝ってや"って連絡があったんですが、梅光軒の人出が足りなくて大変だったので断っています。坂本君とは地元の高校の同級生なんですよ。」

 

- その後も他店で修行を続けていたんですね。

「ルミネでの梅光軒の出店期間が終わって、次に(ルミネで)出店した白樺山荘さんでしばらくお世話になりました。それから、その頃に"ひるがお"で食べる機会があったんですが、その塩ラーメンがとても美味しくて、知り合いを通して紹介してもらうことになりました。とても美味しかったので、ひるがおで勉強したいって思ったんです。"せたが屋さん"が別ブランドとして"ひるがお"をやってるってのは最初は全然知らなかったですね。そこで約1年くらい勉強させてもらった後、東京駅近くのKITTE(公式HP)に梅光軒が出店するってことで声がかかり、1年間ほど手伝いました。」

 

- 自分の店への想いは続いていたんですか?

「はい。KITTEで1年くらい手伝ってから『もう自分でやろう!』と決心し、四谷で物件を探していたんです。しかし、その時に父親が脳梗塞で倒れて、地元に戻ってこないといけなくなったんです。」

 

- 大丈夫だったんですか?

「(和歌山に戻って)しばらく経って父親も元気になったんですが、いきなり自分の店を始めるのもって思ったので、大阪の花京さんで2年間ほど勉強させてもらいました。それから地元に戻って、店を始めました。」


ラーメンたかや(2016年12月18日オープン)


- 屋号の由来は?

自分の名前"孝哉"からなんですが、ここは道路から看板が見難いので平仮名にしました。その方が道路から見やすいかなって。」

 

- オープン時に提供していたラーメンは?

「地元に戻ってきた時に『豚骨のエリアだな~。でも清湯でやりたいな』って思いました。でも調味料に慣れてるお客様は無化調を受け入れてくれないかもって思い、保険として背脂入れて分かりやすいラーメン"こってり醤油"も作りました。メニューはオープン時からこのままです。当時はまだ醤油だけ無化調じゃなかったですね。若干入れていました。」 

 

- オープンしてお客様の反応は?

「この地域の皆さんは新しいの好きなので、多くのお客様に来て頂きました。昼だけしかしてなかったんですが、昼だけでもよく出ていましたね。地元で"クジラ祭り"って数千人の来場者がある伝統の祭りがあるんですけど、その祭りに井上君(現:おだしと小麦 一三〇 店主)が店を休んで手伝いに来てくれて出店したんです。"まぐろラーメン"を出して、2人で200杯ほど売りました。それでウチの店の知名度も上がりましたね。」

 

- 今後したいことは?

「自家製麺をしたいです。今の麺だと後半にかん水の甘味が出てくる。これでも半分にしてもらってるんですけどね。ウチのようなあっさりしたラーメンだと、余計、かん水の甘味が出てくるのが分かる。やっぱり自家製麺をやりたいですね。」



重要なお知らせ

- 移転について説明してもらえますか?

「現店舗での営業は5月末までです。移転先が決まるまで、6月から花京さん(大阪)でしばらくお手伝いする予定です。移転先はまだ未定ですが、和歌山市か大阪でやろうと思っています。決まればSNS(藤原店主twitter)で告知しますので、時期はまだ未定ですが宜しくお願い致します。」



<店舗情報>

■ラーメン たかや

住所:和歌山県新宮市佐野3-2-5

twitter:https://twitter.com/V69M5yodFusml5E

facebook:https://www.facebook.com/ramentakaya/

 2016年12月18日オープン(2018年5月、現店舗での営業終了予定)

(取材・文・写真 KRK 平成30年4月29日)